J2リーグ 第42節 カマタマーレ讃岐VS名古屋グランパス(1)

ついに最後。
この後私に待っているのはカマタマーレロス。。
でも試合は観たい。でも終わってほしくない。などという葛藤はよそに時間は流れる。

 

気合を入れ、家族全員で4時間前にスタジアム到着。
軽く子供たちとサッカーをして、お昼ご飯を食べて、グッズを買って、と楽しんでいたらあっという間にバス待ちの時間。
会場内の席はいつもお世話になっているサポータの方に取ってもらい、事前にバス待ちの場所確保もしてくれていたのでそこで待機。お世話になりっぱなし。

 

ふと見ると、カズサの先輩のお父さんがDAZN?で働いていた。狭い世間ですね~。
最後なので、いっぱい写真を撮ろうと思い撮った写真が
1.さぬぴーとのツーショット。
2.てぶくろマンとのツーショット。
3.抽選で当たったTシャツを着ているヨメとユウキ。
ああ、楽しかった。

 

試合の話はあとで書くので、今回は総括的な話を。

 

初めて讃岐戦を観たのは何度も書いていますが8月5日の水戸ホーリーホック戦。目下20試合ほど勝ち星なしの状態だったような。
しかし、そこで観たカマタマーレはなぜそんなに勝てないの?と思わせるほど素晴らしいサッカーをしていた(と記憶している)。
歯車さえかみ合えば(どのチームにも言えることとは思うが)絶対に強いチームのはず!

 

来年も今のメンバーがいる想定で考えると
FW:木島哲也、馬場、原。中でもゴールを狙うという意味では木島を一段前で。3人のうちコンディションを見ながら2名。
MF:インサイドハーフは隼人、ダイゴ、森川、ヨンジ。ボランチに高木、永田、西、山本。各2名づつ。基本は隼人、ダイゴ、高木、永田。
DF:フルバックにアレックス、アラン、武田、市村。センターバックにエブソン、ジュヨン、岡村。各2名づつ。基本はアレックス、アラン、ジュヨン、岡村。
森川は3試合見た限り右側がやっぱり合っている気がする。隼人と森川の動き回るインサイドハーフは相手チームにとって確実に脅威になるはず。

 

楽しいので、もう少し妄想すると、攻撃的な布陣として
FW:木島哲也、原
MF:隼人、森川、高木、永田
DF:アレックス、武田、アラン、岡村
GK:シミケン
永田をアンカーにして、MF3名がオフェンシブハーフとして木島、原にボールを供給しまくる。

 

こうして布陣を妄想していると勝てない要素が見つからないのに・・・。
若い世代の長澤や玉城、故障明けの砂森のプレーも見てみたい。新加入の濱口も大いに気になる。
J1昇格は無理だけど、来年こそは上位に。そして、チーム内にJ2得点王が出ることを期待しつつ。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です