J2リーグ 第42節 カマタマーレ讃岐VS名古屋グランパス(2)

試合結果はすでに発表されている通り0対2で完敗。
最終戦、ホームゲームということで選手も気合が入っていたが、ここにきてダイゴ、高木が故障、隼人はイエローカードの累積で出場できない。つまり中盤がいない!

 

こうなると、ディフェンスラインから前線へつなげるためのパスがうまくつながらない。
ディフェンスラインと前線の間に人が少なく、永田、山本もほぼディフェンスライン付近でパスを受けており、逆に森川、西は馬場ちゃんと同じ高い位置でボールを待っている。

 

ダイゴや隼人、特に高木がいたら、この中盤の中間の位置でボールをもらい縦へ前線につなぐいわゆるクサビのパスを出せるのだが、この試合ではそういうシーンがほぼ皆無だった。
このため、名古屋に高い位置でインターセプトされて讃岐のペナルティエリア付近での攻防が多くなった。

 

そんな中奮戦していたのが西。
多少強引でも、ハーフェーライン付近で相手からボールをインターセプトし、市村と連携して何度か名古屋ゴールを脅かしていた。
この日のシミケンも神セーブを連発。
相手の縦の鋭いスルーパスによるシモビッチとの1対1での失点、セットプレイでのこぼれ球を押し込まれた失点、どちらもどうしようもない失点でキーパーに責任があるとは思えない。
やはり、神様、仏様、シミケン様だ。

 

今回は中盤のシャビエル、前線の佐藤寿人がキーマンと思っていたが、最も讃岐に牙をむいたのはシモビッチだった。
やはり上位チームは背が高く足技のうまい外国人選手をFWに抱えている。
ベルマーレのジネイ、Vファーレンのファンマ、アビスパのウェリントン、名古屋のシモビッチ、横浜FCのイバ。
讃岐もそういう選手が一人いると得点力が上がるのだろうか。


シャビエル


佐藤寿人


ボランチに入った山本


途中出場の良輔

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です