Now Loading...

2020-07-24

新しいフィルム一眼がやってきた。

先日フィルムスキャナを掃除し使えるようにしたのですが、肝心のフィルムカメラがありません。

以前はヤフオクで落札したPENTAX MZ-3を利用していました。

軽くて、コンパクトで、写りも良かったので、よく持ち歩いて家族の写真を撮っていました。

しかし、このMZ-3には持病があり、多くのユーザーを悩ましていました。

その持病が「ミラーアップ病」です。

ミラーを制御するモータのシャフト部分が破損しやすいようで、破損するとミラーが上がったまま下すことができなくなります。

我が家のMZ-3もご多分に漏れずミラーアップ病にかかりました。

多くのMZ-3愛用家の方は、シャフト部分を別のシャフトに置き換え復活させているようで、ネット上で多くの記事を見つけました。

私はカメラを分解したことなどなかったのですが、もし復活するならと思い気づけばドライバーを握っていました。そして次に気づいた時には分解すればするほど「自分には無理」と認識させられました。

こうして、あえなく我が家のMZ-3はご臨終召されました。

フィルムカメラで写真を撮らなくなって10年は経っていると思います。

そろそろ次のフィルムカメラを、と思いPENTAXサイトで歴代のフィルムカメラの情報をあさりました。

そして「これだ!」と思った機種がMZ-S。

MZ-3のおそらく後継機で、多機能・高級となればこれが一番だろうと思い、さっそくメルカリで検索。

次の瞬間愕然と・・・。4万円台、7万円台・・・、安くても2万円台。手が出ない。

そしてさすがにその価格の商品をメルカリで購入は怖すぎる。

MZ-Sは素直にあきらめ、別の製品にしようと思いました。

よくよく考えると技術の進歩というのは、今も昔もめざましく、普通に新しい製品のほうがより新しい技術が利用されているのは言うまでもありません。

であれば、フィルムカメラも最も新しい製品がいいのではと思いました。

そこで、絞られたターゲットは「*ist」です。

おそらくこの子がPENTAX最後のフィルムカメラであり、同時にistはペンタックス初のデジタル一眼レフでもあります。(だったと思います)

すぐにメルカリで調べてみると4000円~8000円ほど。これなら買える!

最近のメルカリはすぐに買える利点と引き換えに相場が少し上がっている傾向にあります。

私も出品経験があるので、これは間違いないと思いますが、その大きな要因は手数料です。10%の手数料は取りすぎですが、マーケットが充実しすぐに現金化できるという意味でやむなしという感じでした。

そうなると、1円でも高く売りたいと思う心理はうなずけます。

そんなメルカリ事情はよく分かっているので、別に大急ぎで買わないといけないわけではないので、ヤフオクも見てみることに。

ヤフオクを見ると3000円(税抜き・送料別途800円)、即決価格4000円で販売していた。

落札期日はその日の22時。無理に即決価格で購入する必要もないので、普通に入札。

そして、その日の夜22時、無事落札。

税込み3300円、送料800円で4100円。そして、ショップが出していた商品だったので50%OFF(最大1000円)のクーポンが適用され3100円に。うーん、お得。

すぐに入金し翌々日には到着。久しぶりのフィルムカメラ。

こしあんどっとこむ