Now Loading...

2021-07-06

外食

コロナ禍で悪いものの代表格のようになってしまった「外食」。

ただ、毎日ご飯を作っていると、たまには誰かが作ったご飯を食べたくなる。

7月2日(金)、久しぶりに妻と晩御飯を外で食べた。

ラーメンの記事でも紹介した、近所の焼き鳥屋「てんやわんや」。

人気店でいつ電話しても予約がとれないお店。

金曜日昼間電話してみると、当日にも関わらず予約が取れた。

炭を使った焼き鳥で、右側が強火、左側が弱火を担当しているよう。

右でお肉、左で野菜をよく焼いていた。

写真のように、都度炭をたして火力を調整している。

火力調整が終わると、一気に焼く。

何せ、満席なので常に焼きまくる。

この日も、オーダーして料理がでるまで約30分。もう帰ろうかと思った。

しかし、料理が出だすとどんどんやってくる。そういうシステムのよう。

この日一番おいしかったのは、ミニトマトの豚バラ巻。

冷めてもおいしそうだったので、今日のお弁当で試してみた。

外食をしても、結局料理のことを考えてしまう。

 

1時間ほど滞在し(実質食事は30分ほど)、約6000円。高くも、安くもない。

ただ、極端に高いメニューがあるので、それを外せばもっと安くおいしく過ごせそう。

今回は鯛のお造り(5切)890円と、冷酒890円にやられてしまった。

焼き鳥屋は黙ってビールと焼き鳥だ。

コメントを書く

名前
コメント

こしあんどっとこむ