Now Loading...

2021-08-01

夕方のひまわり

8月1日。近所のひまわり畑に撮影に。

この日は初めてフルサイズカメラ2台で。

1台はK-1、もう一台はK-1MarkII。

K-1には70-300mmの望遠レンズを、K-1MarkIIには15mm-30mmの広角レンズで撮影。

まずは望遠レンズ。

ファインダーを覗いて、当たり前だけど広角レンズとはまったく別の世界。

マクロ機能もあるのでなおのことです。

明るさが足りないレンズなので、あまり開放もできない。その分、前後がぼけてなかなかドラマチックな写真が取れます。

夕方なので、ほんの少しの時間で、空の雰囲気も大きく変わります。

上の写真より少し時間が経過した写真です。雲が少し切れたので明るさはありますが、太陽の位置がかなり低くなっています。

70mm近辺では、人間の視界より少し望遠気味に写真が撮れます。

後ろから夕陽を受けたひまわりが映えて見えます。

次は広角レンズ。

近辺に大きな病院と高齢者用施設、住宅街があるので、広角レンズは構図難しいです。

この写真もしゃがんで少しアッパー気味に撮影することで、奥の住宅街を写さないようにしています。

今回は縦構図もかなり撮影しました。

広角にすると、やはり周辺が少し泳いでしまいます。

縦構図の夕方のひまわりは、元気さより少し哀愁を感じます。

なかなか有意義な時間を過ごせました。

こしあんどっとこむ