手打ち蕎麦 お乃

家の近所にある、お気に入りのお蕎麦屋です。
しかし、数年行っていなかった。
ヨメと久しぶりに訪れた。

 

行っていなかった大きな理由は、少しお高いこと。
ざるそば700円、中盛りで1,000円とうどん文化で400円が当たり前なうどん県民としては、少し躊躇する値段。
しかし、ここ最近は息子たちが一緒にご飯に行きたがらなくなったので、ヨメとちょっと高めのところでも行けるようになった。

 

私はざるそば中盛り、ヨメはとろつゆを注文。
ここの蕎麦はそば粉9割、つなぎの小麦粉1割のお蕎麦で、蕎麦をしっかり挽いているようで、蕎麦殻感は一切なく、少し黄色がかった綺麗な細い麺。
このため、喉越しがすごく良く、口に入れたときも麺類特有のもちもち感は一切なく、本当に蕎麦を食べてる感がすごくする。

 

そして、なにより以外だったのが大将がPENTAXIANだったこと。
撮影のためにK-1をおもむろに取り出し撮影していると「K-1初めて見た」という会話から始まり、大将は登山が趣味で、K-5を使っていることなど話してくれた。
CANONさんやNIKONさんばかりの世の中で、稀有なPENTAXユーザー。失礼ながら「同志」にあった、そんな気分になった休日の昼。

 


ざるそば中盛り。

 


山芋をおろした出汁につけるとろつゆ。

 


最近、子供達が写真を嫌うので、被写体率が急上昇のヨメ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

“手打ち蕎麦 お乃” への1件のコメント

  1. […] うどん県に来て、行ったうどん屋はおそらく100店舗近くになると思うが、蕎麦屋は3軒、うち1軒はそじ坊なのでカウントしていいものか・・・。ラーメン屋でも10軒あるかないか。そのぐらいそばとの出会いは貴重。 その数少ない蕎麦屋の中でも以前も紹介した近所の「お乃」はお気に入り。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です